年賀状甲子園北海道/東北/関東D予選作品一覧

年賀状甲子園2012年・年賀状甲子園予選 > 北海道/東北/関東Dブロック
北海道/東北/関東|ABCDEF| 中部/近畿|ABCDEF| 中国/四国/九州|ABCD

盈進学園 東野高等学校

日本には干支があります。毎年毎年、動物の力を借りて私は成長していきます。今年は私の「どらごん劇場」の開幕です。二度と戻らない時間を大切に、親友と大切な劇(時間)をつくる気持ちをイラストにしました。
幼い頃からの親友というものは、かけがえがありません。そんな親友と幼き日に遊んだ日を懐かしむように、レゴブロックを使用した年賀状を制作しました。新しいたくさんの思い出を更に積み上げていきたいと思います。 / 親友
駿太選手は、プロ野球という厳しいステージで闘いをしています。そんな駿太選手の存在は、多くの人たちに勇気を与えます。生意気ですが、共に切磋琢磨して自分も高めていきたいという期待を込めた激励年賀状です。 /駿太選手

埼玉県立浦和第一女子高等学校

いつも会っている友達に、普段は伝えにくい感謝の思いを込めてこの年賀状を描きました。画面に迫力を出すことで、新年に向かっていく力強さを表現し、受けとった友達が元気になれるようなデザインにしました。
年賀状だけのつきあいになってしまった人に、自分らしさを表現することで今の私を知ってもらえるようなデザインにしました。新年らしさと共に、透明感やロマンチックな風景を詰め込みました。
いつも頑張っている駿太選手が、今年もいいプレーができるように心をこめてかきました。いきいきとした表情を出せるように努力したので、駿太選手に明るい気持ちになってもらえたらうれしいです。

埼玉県立狭山緑陽高等学校

新しい年が来たということで、書き初めを入れてみました。あけおめの言葉を前に出すことでメッセージ性が出るようにし、掛軸に角度をつけることによって、より印象的に見えるように工夫しました。
兎が龍に年賀状を渡しているところです。
台詞は龍が言っています。
想定受取人は龍です。渡したのは去年の干支の兎です。
そしてこれを受け取っているあなたは龍で、私は兎です。
個性、インパクトを求ました。
シンプルかつカッコイイ感じを目指しました。
野球を知らない私が、一体どんなメッセージを後藤選手に伝えればいいか思ったとき、ただ一言「かっとばせ」という言葉が出てきました。

第一高等学院 千葉校

お正月と辰年から和風のイメージを持ったので、色を落ち着いた色に仕上げました。
1年は人によって長かったり短かったりしますが、出来るだけたくさんの『いい思い出』を集められるようにと思って作りました。
ルーキーの爽やかさをバックの花とカラフルなボールで表現しました。