年賀状甲子園中部/近畿E予選作品一覧

年賀状甲子園2012年・年賀状甲子園予選 > 中部/近畿Eブロック
北海道/東北/関東|ABCDEF| 中部/近畿|ABCDEF| 中国/四国/九州|ABCD

大阪府立布施高等学校

年賀状が届く度に感じる喜び。傍にいる人も、居ない人も繋がっているという嬉しさ。そんな感情を精一杯に押し込めました。自分の元に年賀状を届けてくれた皆にそれ以上のたくさんのありがとうが届きますように!
これらは全て自分の家の近くで撮りました。以前、隣に住んでいた幼馴染が遠くに引越してしまいました。毎日学校の帰りに遅くなるまで遊びながら帰った道を彼も一緒に思い出せたらなと思い年賀状にしました
「駿」という字は「足が早く優れた馬」という意味があり、その名を持つ後藤選手に名は体を表すという諺通り、今以上に速さを生かし活躍する事を願い早馬のようにこれからチームを引っ張っていく姿を思い描きました。

大阪市立東高等学校

祖父母に向けての年賀状です。今年の1年も元気で楽しく暮らせるようと願って、龍を富士山に巻きつけたり、背景もだんだん明るくなるようなことにこだわりました。色鉛筆でイラストを描き、筆ペンで文字を書いて”差”を出しました。
この年賀状を送るのは小学生低学年の年頃の子で、この年頃の子が遊びに使う物の1る折り紙でもらった子が”自分も作りたい”と思うような折り紙で作る竜のおとし子達の世界を年賀状にしました。
コンセプトは未来の駿太選手です。私達は打席に立つ駿太選手を尊敬しているので、情熱を持ち選手として大きくなってほしいとのことでその情熱をリスペクト!のメッセージをそえました。額は未来、バラは情熱を表します。

東大阪市立日新高等学校

「ほっこり」というテーマに決定したので、年の始めの日にもらって、あたたかなほっこりした気持ちになるような作品を…と思いつつ描きました。色えんぴつで色を重ねてあたたかな雰囲気を出しました。
「ほっこり」というチーム内のテーマから「懐かしさ」という単語を自分の頭の中で見出し、少しレトロな暖かいような雰囲気が出るように写真とテープなどを使い、コラージュしました。
ルーキー応援ということでオリックス・バファローズで駿太こと後藤駿太選手のアピールポイントを書き出して2012年への期待を込めました。

神戸市立科学技術高等学校

ゆったりとした心の和むような年賀状もいいと思います。しかし僕は、日本中の元気のない男達に少しでも明るい気持ちになってほしいので、「今年も一年頑張るぜ!」って気持ちになれるよう心を込めて描きました。
新年から就職する高校生へ。人生の新しいスタートを迎える応援メッセージ。背景は文字と合わせ「陽はまた昇る」。今は暗い時期を迎えているかもしれないけれど、必ず朝は来る、2012年良い年になるよう願っています。
上州のイチロー、いつでも自分を信じて野球を続けてください。竜王となれ。チームを天の上まで引き上げろ。Vision is the art of seeing the invisible.(ビジョンとは見えないものを見る技術のことだ)