年賀状甲子園2013年大会ルール

年賀状甲子園概要 > 大会ルール

大会ルール

採点基準

  • テーマ性………5点(各テーマが反映されているか)
  • 筆跡……………5点(手書き文字の内容、書き方に意味やメッセージを感じさせているか)
  • メッセージ性…10点(文字文章に込められたメッセージ性を絵や写真が高めているか)
  • 独創性…………10点(新しい手法、技法を含め、表現方法のオリジナリティが高いか)
  • デザイン性……5点(全体の配色、バランス等のデザイン性が高いか)
  • 相互採点方法、採点方法詳細は、参加エントリー後に送付する作品応募ガイダンスを参照。
    (作品登録締め切り後、各審査ページのアドレスをお知らせ)

予選ルール

  • 1校(1チーム)、各テーマ毎に1作品、合計3作品をチームとして応募していただきます。
  • エントリー数と地域に応じて予選組み合わせブロックを設定します。
  • チームごとに責任を持って、自分と違うブロックの作品を相互に採点。
    (審査は監督のみ又は生徒のみでも可。ただし監督が必ずスケジュールを把握し、管理する事)
  • 採点は、予選採点基準に準じながら配点。
  • 相互採点で最高点を獲得したチームがブロック予選を勝ち抜きます。
  • エントリー数によっては2次予選を実施。再度ブロック予選を勝ち抜く必要があります。
  • 予選を勝ち抜いた高校がベスト16として、決勝トーナメントへ。
  • 同様にテーマ別に高得点の作品がブロック予選を突破してMVPベスト16に進出。

決勝トーナメントルール(ベスト16)

  • プロのグラフィックデザイナーと協賛各社の審査員が採点。
  • 採点は配点基準に準じながら配点。(予選の得点は持ち越しません)
  • 高得点を取った高校がベスト8に進出します。

最終審査(ベスト8)

  • プロイラストレーター審査員5名が採点と批評
  • 採点は配点基準に準じながら配点。(前回の得点は持ち越しません)
  • 高得点を取った高校がベスト4に進出します。順次トーナメント方式で勝者を決定。

MVP

  • プロイラストレーター審査員の配点と評価を加味してMVPを決定
  • ルーキー応援作品は特別審査員として、東京ヤクルトスワローズの川上竜平選手が審査に参加予定

審査員

  • 田中 冬木(株式会社アイデア工房:主催)
  • 米嶋 貢(株式会社ワコム:協賛)
  • 株式会社筆まめスタッフ(協賛)
  • 株式会社アジェンダスタッフ(協賛)
  • ホルベイン株式会社スタッフ(協賛)
  • 株式会社山櫻スタッフ(協賛)
  • 主催者所属スタッフ・プログラフィックデザイナー

プロイラストレーター審査員(50音順)

特別審査員

公式ブログ
年賀状甲子園公式ブログ
Twitter公式アカウント
bunkaryoku.gif
文化庁/関西元気文化圏参加事業