プロイラストレーター審査員紹介

年賀状甲子園概要 > 審査員紹介

プロイラストレーター審査員紹介(50音順)

いのもとまさひろ氏の横顔・公式サイト

1999年より独学にてイラストレーター活動開始し、2005年イラストレーターとして独立されました。動物を擬人化したものや、人物などをキャラクター化した立体的なイラストレーションを中心に、主に出版・広告・TVなどで活動。カット向けのペン画タッチも描かれています。今後のさらなる活躍が期待されるイラストレーターです。現在、日本図書設計家協会(SPA)会員。大阪総合デザイン専門学校 非常勤講師をつとめています。

♦作品制作に取組む皆さんへ

決して絵やデザインの技術だけじゃなく、楽しくも真剣に取り組んだという夢中さが大切だと思います。想像以上に、そういう思いというものは、作品に正直に表れます。
そして出来上がったものを今一度吟味してみて、より良くするには…と、考えてみて下さい。作品を「寝かせてみる」と必ず何か足りないものが見えてきます。そうやって、作品の完成度は1つ階段を登るんですよ。今年も、皆さんの力作に出会えるのを楽しみにしています。

しみずひろみ氏の横顔・公式サイト

しみずひろみ氏は岐阜県在住のイラストレータです。書籍の装丁や雑誌広告印刷物などを中心に多方面に活躍されています。特に学校教科書や学習参考書、ドリルなど、子供向けのイラストや動物のイラストに定評があり、何とも言えない味わいのある独特の可愛いキャラクターを描かれています。最近は月刊誌の表紙を飾るキャラクターも手掛けており、書店などで見かける事もあります。今後ますます活躍が期待される熟練のイラストレーターです。

♦作品制作に取組む皆さんへ

巳年の年賀状甲子園はどんな作品に出会えるか、今回も楽しみに審査参加させて頂こうと思います。高校生という若さの中で考える意外性やエネルギーを感じる勢いのあるものなど、楽しみにしています。
仕上がりははがきサイズなので小さなものにはなりますが、それぞれの作者のでっかい思いを描いて欲しいと思います。

竹本明子氏の横顔・公式サイト

1998年ヘアデザイナーからイラストレーター&デザイナーに転身されました。美容師の経歴を生かし、女性美にまつわるイラスト、グラフィック、プロダクトデザイン 等を多数手がけています。また、現代美人画アーティストとして、女性独自の視点から捉えた女性の内面を表現した美人画を国内外に発表されています。一般社団法人日本メディアアート協会(JMAA)代表理事。協同組合日本イラストレーション協会(JILLA)理事。FMハイホーにてDJもこなす、エネルギッシュでマルチな才能を持った方です。

♦作品制作に取組む皆さんへ

今年も審査員をさせて頂けるとのこと。どんな作品に出会えるか、今からワクワクしています。
 1)年賀状を受け取る「誰か」にメッセージの伝わる作品として考えられているか
 2)干支、賀詞など、年賀状の基本を押さえているか。
 3)高校生らしく、のびのび楽しんで制作しているか。
を中心に審査させて頂こうと思います。
思わず笑顔になれるような年賀状に出会える事を、楽しみにしています♪

永井けい氏の横顔・公式サイト

日本女子大学卒業後、NKK在職中に東京デザイン専門学校夜間部にてグラフィックデザインを学び、1996年フリーランスとして独立されました。WEB、雑誌、書籍等でデジタルによるイラストを発表されています。イラストレーションだけでなく、グラフィックデザイン、WEBデザインもこなし、現在、新聞、雑誌、書籍、webなど多方面で活躍中。最近はアクセス解析イニシアチブ内部スタッフとしても活動しており、ユニークで多才なイラストレーターです。

♦作品制作に取組む皆さんへ

昨年に引き続き、審査員をやらせていただくことになり光栄に思っています。年賀状甲子園は非常にレベルの高い作品が多くエントリーされるので、おもしろくもあり、苦労でもあります。
今年もどんな個性的な作品に出会えるのか、楽しみです!

渡部政人氏の横顔・公式サイト

芦屋在住、プラスワン代表の渡部政人氏は建築の外観や内装をコンピュータグラフィックで描く建築パースをメインとして活躍後、興味のあった風景画やイラストやキャラクター作りも同時に行っており、各種イベントや大会のマスコットキャラクターなども手掛けています。アジア冬季競技大会青森2003に氏のキャラクターが採用されるなど、数々の受賞歴もあります。その他、水彩画入門書やパーステクニック等のテクニック書籍の執筆にも参加するなど、キャリアも長く、さらに幅広く多彩に活躍中です。豊富なキャリアのあるイラストレーターE-SPACE会員です。

♦作品制作に取組む皆さんへ

2013年は例年の干支と比べると、イメージしづらいかと思われますが…。
年賀状制作の方法としては、干支をキャラクターにする、背景にイメージする、干支文字をデザインする、実写真を使う、季節感、新年を主役にして干支を脇役にする、干支は使わないなど表現方法はいろいろなパターンが考えられます。巳(蛇)の持っているネガティブなイメージを、新年、祝賀、幸福、始まり、出発などのポジティブイメージに、どう変換できるかがポイントだと思っています。みなさんの個性を思う存分発揮して、インパクトのある作品を期待しています。