前回大会参加者の声

年賀状甲子園概要 > 前回大会出場者の声

第3回大会・出場者の感想と声

・国語の授業で年賀状を作成させているので、生徒に張り合いをもたせるために参加しました。全国の高校生の作品を見られる所は良かったです。レベルの差を思い知らされました。

・他校の生徒たちも頑張っていることを身近に感じ、自分たちだけが孤独に内向的に部活をしているのではないことを実感できました。同好の士の一体感、連帯感を得たことが一番よかったことです。

・前回参加させていただいて、生徒が楽しかったと言っていたので。作品集がもらえるので生徒が記念にになったと喜んでいました。

・普段このようなコンテストに参加することが無いので、自由な手法が可能であり、また、他の学校との交流も出来るということで、参加させていただきました。ネット上でのコンテストというのは新鮮で、とてもよかったと思います。普段見ることの出来ない遠い地域にいる人達の作品を見ることができ、また、自分たちの作品も見てもらえたということは、本当に嬉しかったですし、よい経験になったと思います。

・高校生であれば誰でも気軽に参加出来るという事と、年賀状なので、規模が大きすぎず、内容が分かりやすかったので参加しました。初めてペンタブを使う事が出来たのが、一番嬉しかったです。でも、色々な学校、人の作品も見ることができたのも、とても嬉しかったです。

・ペンタブレットを使ってデザインを制作するという新しい技法に挑戦できる場だと思ったからです。各テーマごとに他の学校から学ぶ事が、沢山あり良い成長の機会となりました。自分たちの未熟な部分に気づく事ができ、これからより一層、制作活動に励む事ができそうです。様々な作品に出会えた事が一番の活力です。また機会があるなら、もう少し上を目指して沢山の人の共感を得られる作品を制作したいです。

・高校生向けのイラスト系のコンテストを探していた。「チームで参加」ということで、生徒の仲を取りもつ目的もあった。嬉しかったのはベスト16に選ばれたこと!ギリギリまで粘って全員で案を出し合い、締切時間いっぱいまで頑張ったかいがあった。賞に選ばれた事を誇りとし、努力を認められた経験をもとに、これからも作品制作に取組みたい。相互審査は「生の声」で評価を聞けたので、とてもよかった。こちらも他の学校の作品を見て評価することで、様々な視点で考えることができ、とても勉強になった。

・コンピュータを活用する商業部として活動していたため、グラフィックに関しても、絵を手書きだけではなくコンピュータの編集機能を活用して作品を作ることを学ばせるため参加した。新たな機能を身に付けることができ、それぞれの生徒の個性や機能の活用による表現方法を学ばせることができた。部員21名でそれぞれの作品を作り、部内で年賀状を送りあうことができ、生徒たちも楽しむことができた。ただ作品を出すだけではなく、年賀状をもらう側の気持ちになることや相手に伝えるときに必要な絵や文字による情報についてこれまでとは違った形で作品を見ることができ、良かった。

・年賀状は身近なものなので考えやすく、部員全員で取り組めると思い参加しました。イラスト、写真、ルーキー応援とグループに分かれて作品を作りましたが、みんなでアイデアを出し合い、協力できたことがよかったです。相互採点もいろいろな作品を見ることができたので、とても楽しかったです。生徒の採点はなかなか辛口でしたが、前向きに評価するという姿勢は、生地にとってもプラスになったと思います。初めて参加させていただきましたがとても楽しかったです。立派な作品集もとても励みになりました。できれば、来年もまた参加したいです。

・毎年出場しているため、先輩の出場をみて、後輩も参加を決めたようです。部員同士、相談をしたり、協力し合ってよかったです。入賞出来なかったことは残念ですが、今後の作品への取り組みを考えていく上で、大事なことを学ぶことができたと思います。

・先生に聞いた時に興味がわきました。他校の作品から学ぶことがあり、相互採点で同じ高校生の意見を聞けたことが良かったです。すてきな作品集を送っていただき、ありがとうございました。

・目標を持って部活動をするために参加しました。部員や顧問の先生と意見交換しながら楽しく作れました。優勝出来なかったことは残念ですが、採点のために作品をじっくり見ることで、自分たちの向上につながったと思う。

・フォトショップなどを使った授業を展開しているので、ステップアップとして挑戦してみました。トーナメント形式なので、わくわくしました。出場校の作品をweb上でじっくり見れたのも良かったです。参加した生徒以外の生徒にも結果や出場校の作品を見せることができました。作品を冊子でいただけたことがとても嬉しかったです。なかなかこのような形で作品を残せることは少ないので生徒も嬉しかったと思います。コメントもいただきましたが、そちらもありがたかったです。来年度もぜひ参加してみたいです!

・相手の気持を考えて作品を作るということに魅力を感じたので、参加しようと思いました。相互評価で指摘していただいたところが多々あり、自分たちの力を出しきることが出来なかった所が残念ですが、気づかされることも多く、よかったと思います。

・以前より、何か作品をコンテスト等に応募してみたいと思っていて、先生に出してみないかと誘われて参加しました。多くの学校の作品を見ることができ、自分の作品も多くの人に評価してもらったことが良かったです。自分の技術を再認識するとともに、集団で一つのことに向かっていくことへの難しさや、チームメイトの新たな面を知り、発見することができました。作品作りは思っていたよりも難しく、自分の思い通りの作品ができませんでした。