第6回・年賀状甲子園2015年コンテスト(未年)

年賀状甲子園> 2015年・年賀状甲子園

第6回 年賀状甲子園 優勝/MVP 決定

優勝・準優勝

  • 優勝・静岡県立浜松江之島高等学校
  • 準優勝・秋田県立能代松陽高等学校

MVP作品

  • (イラスト部門)静岡県立浜松江之島高等学校
  • (写 真 部 門)愛媛県立南宇和高等学校
  • (ルーキー応援)愛媛県立小松高等学校

参加者全員に、応募全作品収録の作品集を贈呈

優勝・イラスト部門MVP/静岡県立浜松江之島高等学校
navi_shadow.gif

優勝・イラスト部門MVP/静岡県立浜松江之島高等学校

優勝・静岡県立浜松江之島高等学校

●優勝・イラスト部門MVPおめでとうございます。結果を知った時の先生のご感想をお願いします。

川邉先生:「やったなぁ!!」です。ベスト4の知らせを受けたとき「もしかしたらいいところに行くのかも?!」と思いましたが、いざ、結果を知らされると嬉しさ100倍です。
3人は取材から、それぞれの分担をよくこなし、じっくり制作された作品を出品することができたと思います。「このメンバーで戦ってみたい」という3人の強い思いが、今回の結果に結びついたのだと思います。ありがとうございました。
そして3人のメンバーに「本当におめでとう。君たちを誇りに思います。」

●生徒の皆さんはいかがでしたか?

筒井:昨年のリベンジが出来てよかったです。
山本:この3人だから優勝できた!!2人がいて良かった〜!!
鈴木:結果が出るまでドキドキでした。嬉しいです。

※筒井さんと山本さんは第5回大会にも参加・ベスト16でした

●今回の作品制作はどのように進められましたか?

まず、干支の羊を見に行こうという話になり、3人で夏休みに動物園へ取材に行きました。その後、作品制作を3人で行い、校内での出場希望者が多かったため、校内選考を行い、勝ちぬきました。

●相互採点で他校の作品を見た時の感想は?また、採点してみてどう感じましたか?

山本:ドキドキだ!やっべやっべと思ってました。
筒井:予選を勝ち上がっていく中で他校の作品クオリティも上がっていき、ドッキドキでした!
鈴木:相互採点するというコンテストに初めて参加したので、ワクワクドキドキでした!

●作品制作の中で、工夫したりこだわったポイントがあれば教えて下さい。

筒井:イラスト部門では消ゴムはんこで制作したため、使用する紙をこだわりました。コピー用紙、版画用紙、ケント紙など、様々な紙で試し、その中でもより綺麗に刷れた作品を提出しました。
鈴木:動物園でみんなでじっくり観察し、羊マニアになりきりました!見せたかった羊のブサかわさを表現しました。
山本:こだわり?表情だよ。表情。

●では逆に、苦労した所や反省点があれば教えて下さい。

山本:眠くて眠くて…もっと最後まで丁寧にやりきりたかった…。
筒井:版を主線と色の版で2版にしてしまったため、刷る際に色分けするのが大変でした。
鈴木:羊毛フェルトに苦戦しました。山本さんにたくさん手伝ってもらいました。
筒井:私もやったでしょ!!
鈴木:あ!そうだった!!ごめんごめん!
山本:(笑)

●ありがとうございました。それでは最後に、今回参加してみていかがでしたか?

筒井:共同制作をする良い機会になりました。優勝できてとっても嬉しいです。
山本:卒業間近にこの2人と良い思い出を作れて良かったです!
鈴木:動物園に行ったり、楽しい思い出をつくるきっかけとなるコンテストでした。これからも制作を頑張っていきたいです!

川邉先生:与えられたテーマを分析し、表現に結びつけていく。物事をじっくり考える良い機会だと思います。それらの作品をトーナメント方式で選考していく方法がとってもユニークです。個人の力とチームの結束を試されるコンテストだと思います。すばらしい機会を与えていただき、感謝申し上げます。

静岡県立浜松江之島高等学校

●チームメンバー●
川邉耕一先生
筒井香奈選手(3年)
鈴木幸選手(3年)
山本彩莉奈選手(3年)

イラスト部門

写真部門

ルーキー応援部門

準優勝/秋田県立能代松陽高等学校
navi_shadow.gif

準優勝・秋田県立能代松陽高等学校

準優勝・秋田県立能代松陽高等学校

準優勝おめでとうございます。結果を知った時の先生のご感想からお願いします。

塚本先生:「届かなかったか!!」と率直に悔しかったです。
今回目標としていたベスト4に選ばれた時点でかなり嬉しかったのですが、メンバー3名の力作を見返す度「これはいけるのでは…?」という気持ちが膨らんで、最終結果発表までの5日間は期待感と自制心の間で振り回されていました(笑)

●生徒の皆さんはいかがでしたか?

浅利:毎年順位を上げてきたので、準優勝できてとても嬉しかったです。
朝場:来年もこの調子でがんばりたいです。
田村:今年優勝した静岡県立浜松江之島高等学校には来年リベンジしたいです。

●今回の作品制作はどのように進められましたか?

部門毎に個人で制作しましたが、仕上げは全員で話し合って決めました。
3人の作品を比べてみて統一感が出るよう色味を変えたり、細かい構図の変更や文字のバランスを修正したりしました。

●相互採点で他校の作品を見た時の感想は?また、採点してみてどう感じましたか?

年賀状という決められたお題の中でこんな発想や見せ方があるのかと、とてもおもしろかったです。自分たちの作品にはない良さが沢山あって、来年の作品に生かしたいと思いました。

●作品制作の中で、工夫したりこだわったポイントがあれば教えて下さい。

浅利:ルーキー応援部門では、森選手が頂点を目指しているような構図に見えるように工夫しました。ポーズの資料が無くて難しかったですが、MVP候補に残るなど良い評価をもらえてよかったです。
朝場:イラストでは和を意識しながらも、カラフルな色合いに仕上げました。背景もできるだけ資料を見て描くようにしました。
田村:写真加工は初めての事だらけで、使う写真や構図など、何から何まで悩みっぱなしでした。

●では逆に、苦労した所や反省点があれば教えて下さい。

浅利:質感を出すのが大変でした。
朝場:資料を見て精密に描くのが大変でした。
田村:正月っぽさがイマイチ足りなかったので、来年は正月っぽさも取り入れた作品にしたいです。

●ありがとうございました。それでは最後に、今回参加してみていかがでしたか?

浅利:3年間参加してみて、自分に実力がついてきたことを実感しました。それが準優勝という結果に繋がったと思います。優勝出来なかったことは残念でしたが、来年後輩達に頑張ってもらいたいです。
朝場:友達に向けて年賀状を描いたことは初めてで、とても楽しかったです。また、チームで協力できたことで今までにない良い作品になったと思います。
田村:これまで先輩達が制作しているのを見ていたので、今回初めて参加できたこと、準優勝という素晴らしい賞をいただけたことがとても嬉しいです。来年は今年以上にレベルの高い作品にするために精進していきたいと思います。

塚本先生:一昨年、昨年と1つずつ順位を上げ、今年こそはと意気込んだ大会でした。特にルーキー応援部門の浅利は初応募から3年間同部門に挑戦し続け、これまでの反省や身につけた技術をしっかりと作品に生かしてくれました。過去の作品集を見返しても確実にレベルアップしているのが分かります。新メンバーの2年生2人も作品集を研究したり先輩の作品を参考にしながら、描写力、メッセージ性など自分の強みを発揮した作品を制作してくれました。講評の中でもそういった部分を評価していただき、また準優勝という結果を残したことで、行ってきた試行錯誤や自分の表現に対する自信を深めることができたと思います。
そして、年賀状甲子園の特殊な応募形式や採点方法は他の公募展ではできない経験を生徒たちに与えてくれると感じています。私たちはこれまで出場した2回の決勝トーナメントで2回とも広島県立呉工業高等学校に負けました。「目指せ・ベスト4」と共に「打倒・呉高」という目標が私たちにはあったのです。これまでの美術部の活動では無かった「負ける」という経験が普段目覚める機会の少ない「ライバル心」を生みました。その「ライバル心」がよりよい作品制作への原動力の1つになったと思います。来年は「打倒・静岡県立浜松江之島高等学校」「目指せ・優勝」です。

秋田県立能代松陽高等学校

●チームメンバー●
塚本はな子先生
朝場翔平選手(2年)
田村美月選手(2年)
浅利美月選手(3年)

イラスト部門

写真部門

ルーキー応援部門

MVP作品
navi_shadow.gif

写真部門・愛媛県立南宇和高等学校

写真部門・竹田奈央選手

初めての年賀状甲子園で写真部門MVPという素晴らしい賞を頂けてとても嬉しいです。
なかなか良い案が思いつかずギリギリの制作でしたが、周りの友達や審査員の方々など、いろんな人からお褒めの言葉や意見などを言っていただき、次の作品への創作意欲と自分の自信に繋がったと思います。本当にありがとうございました!(写真部門・竹田奈央選手)

愛媛県立南宇和高等学校

●チームメンバー●
渡部精児先生
若松真衣乃選手(2年)
竹田奈央選手(2年)
西奈々美選手(2年)

写真部門

ルーキー応援部門・愛媛県立小松高等学校

ルーキー応援部門・高瀬美春さん

最初で最後の年賀状甲子園でルーキー応援部門のMVPを頂くことができ、とても嬉しいです。
どう工夫すれば受け取った人が喜んでくれるかを考え、悩みながらの制作でしたが、森選手に「一発で気に入った」と言ってもらえてよかったです。高校生活で一番の思い出になり、参加してよかったと思いました。本当にありがとうございました。(ルーキー応援部門・高瀬美春選手)

愛媛県立小松高等学校

●チームメンバー●
影野孝行先生
浜田菜生選手(1年)
越智美月選手(1年)
高瀬美春選手(3年)

ルーキー応援部門